ギターは打ち込みより練習した方が早いは本当?

みなさんこんにちはゆきとです

ギターは打ち込みじゃダメなの?絶対に練習しなきゃダメ?とお悩みですか?

結論から言うと打ち込みだけでもOKです。理由をこれから説明していきますね。

あくまでこれは個人的な意見なので賛否あるかと思いますのであくまでただの一意見です!それではどうぞ。

目次

ギター打ち込みについて

打ち込みのデメリット

まずギターの打ち込みは色々奏法だったりピッキングの強弱など色々と手間がかかる。

しかもクオリティーも音源によって様々なので音源選びもどれを選んだらいいのかもわかりづらい。

Youtubeなどで和音なんかも聴き比べてみたけどやはりまだ生には勝てないところがあります。

デメリット

・奏法の打ち込みなどに時間がかかる

・和音がまだ生には勝てない

・音源によってクオリティが異なる

打ち込みのメリット

ギターの打ち込みはデメリットばかりではありません。いいところもあります。

ギターは練習するにも時間はかかるし、打ち込んでさえしまえば下手な人が何回も録音しなおすよりもはるかに早いです。

それにギターは買った場合弦の張り替えやネックが反ってしまった場合メンテナンスをしなければいけないんです。

結局買ったとしても維持費などで音源よりもかかってしまうこともあります。

しかもギターを練習するという時間にリソースを割かなければいけません。ギターを打ち込んでみた感じ歪みのバッキングなら全然いけます。

メリット

・打ち込んだ方が早い場合もある

・ギターのメンテナンスをしなくていい

・ギター練習をしなくてOK

聞き比べてみた!

実際に今耳コピしているキラキラという曲の一部を差し替えて、自分の持ってるギター音源と弾き比べてみました。

一度皆さんで聞き比べてみてください。どっちが打ち込みかわかりますか?

ギター1

ギター2

使っている音色は全く一緒でBIAS FXを使っています。正解は...。ギター1が打ち込みです!こうして聞き比べてみるとやはり歪はどちらもいい勝負しているように聞こえますね。

ちなみに使っているギター音源はFujiyaのJunk Guitarというkontaktのサードパーティー音源です。

下手なギターで申し訳ない..。恐らくここらへんもギタリストのウデマエで差が出てきそうですね。

じゃあ結論どっちがいいのか?

ギター弾いてる僕からしたら結論打ち込みも録音もどっちもできた方がいい様な気がします。

勿論音源のクオリティを上げるならギターは弾けた方がいいですし弾くのがめんどくさいって場合は打ち込みができるなら打ち込みで済ませることができちゃいます。

個人的なやり方

ギター弾けちゃう僕のケースの場合はアイディアだしの段階ではギター何度も撮り直したりするのも手間だし

後から変更ってこともありえるのでまずは打ち込みである程度ざっくりイメージ固めてそこから固まってきたらギターを録音し出すというのが無難な気がしてますね。

まとめ

打ち込みがいいのかギター買って練習すべきか悩んでる方へ少しでも参考になればと思い記事にしてみました。

結局ギター弾けてもギター取り出して録音!っていうのが最近だと手間に感じてきちゃって打ち込みで済ませられるなら済ませたいなって思ってます笑

でもまだまだ生楽器には勝てないのも事実です。

ですが何よりギターの弦の張り替えやメンテナンス、いちいち取り出すのがめんどくさいんですよ。

なので両方できたに越したことがないなーと僕は思いました。少しでも参考になれば幸いです。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる