ケルト音楽って?ケルト風ゲーム音楽の作り方解説!

こんにちはゆきとです。
ケルト風音楽ってどうやって作るんだろう?と悩んでいませんか?

僕もどうやって作ったらいいかわからなかったので1曲作ってみました!

そんなケルト風ゲーム音楽っぽい感じの作り方について個人的にざっくり解説していきたいと思います。

完成形がこの曲です

目次

そもそもケルト音楽って?


ケルト音楽ってなんだろうってなったので色々と調べてきました。

ケルト音楽のリズムにはリールとかリグといったリズムがあるようです。

詳しい解説がYoutubeにあったので見てみると面白いかもです。

ゆきと
要するにリズムが大事なのかな?

8分の6拍子とかがいいっぽいけど、今回は4分の3拍子で作ってみました。

ゆきと
今度作る時は8分の6拍子でとかで挑戦したい!

スケールについて

ケルト音楽は基本的にはドリアンスケールやミクソリディアンスケールなどが多く用いられています。
今回作った楽曲についてはあえて難しいことは考えず、ドリアンスケールは使わずに
メジャースケールで作っています!

Intoro


それではまずはイントロから。曲の頭部分から作っていきましょう。

リズムパーカッションを入れる


この手の楽曲は雰囲気が大事かなって思ったので先にリズムを入れちゃいます。
カホンというリズム楽器です。NI社のCubaという音源を使っています

こんな感じのハネるリズムを打ち込んでみました。なんかこれだけでそれっぽく聞こえてくるような気がしますね。

Shakerを入れる

カホンだけじゃ少し寂しさを感じたので音を埋めるという意味でシェイカーを入れてあげます。

ゆきと
シェイカーはStylys RMXを便利でよく使ってる!BGM作りには欠かせないね

アコギを入れよう

雰囲気作りに大事なアコギを入れていきましょう。

パーカッションが跳ねているのでアコギはシンプルなリズムにしています。

ゆきと
アコギはMusicRabのReal guitarを使っているよ!

Intoroを聞いてみよう!

ここまででイントロの始まり部分ができました!実際に聞いてみるとこんな感じです。

ゆきと
なんだか始まりそうな雰囲気になったね!

Aメロ


次にAメロ部分を作っていきます。ここからが本題です。

メロディーを入れる


今回は明るい雰囲気にしたかったのでリコーダーを採用してみました。メロディーはこんな感じです。

使用音源はember toneのリコーダーです。

ゆきと
パッと思い浮かんだメロディーにしては良い感じな気がする♪

アコギを入れる

アコギを入れていきます。アコギのリズムはこんなリズミカルな感じで。

バッキングパートです。

パーカッション

パーカッションについてはイントロと同じものを使いまわしています。

Shaker

Shakerも同じですね。

ゆきと
ほとんど使い回しだ!

アコギのメロディーを入れる

リコーダーのメロディーだけでは物足りなさを感じたのでアコギのメロディーも入れていきます。

聞いてみよう!

Aメロの完成形です!

ゆきと
なんだか一気に踊れそうな曲になった!

Bメロ

Bメロについては、基本的にはパーカッションも同じです。

Aメロとの違いはviolinが入ってアコギなどもおとなしい感じにしてAメロとは逆なイメージを持たせて作りました。

violinを入れよう

violinパートはこんな感じで、メロディーを入れてあげます。

harpを入れよう

今回はなんとなくハープも入れてみました。
ぶっちゃけなくてもいいような気がしてますが

Bメロの完成形

こちらがBメロの完成形になります!

まとめ

以上を組み合わせるとこの曲ができます。

初心者なりに作ってみた1曲ですがいかがでしたか?
ケルト風音楽ってどうやって作ればいいか難しいですよね。

ゲーム音楽などによく使われているイメージがあるのでゲーム音楽作る場合には学びたいジャンルの一つだと思います。

少しはケルトっぽく聞こえていますでしょうか。
僕ももっと曲作り練習しないとだめですね。ではでは!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる