全DTMerがSpliceを使うべき理由とその使い方

作曲をする時サンプルパックなどを使う時ありますよね。
サンプルだけではなく場合によってはプリセットなどもよく使います。

サンプルパックを買うにもお金がかかりますしプリセットも
使うやつだけ欲しいなぁ〜
なんて思うこともあります。

そんなあなたにおすすめなのが月額制のサンプリングサービスSpliceというサイトです。

こんな方におすすめ!
・作曲をする時にアイディア出しに困っている
・音ネタ探しをどこでしたらいいかわからない
・高品質なループ素材や音ネタを探している

それでは内容に入っていきましょう!

目次

Spliceの値段について

Spliceは月額制なのでもちろん料金が発生します。値段は下記の画像の通り。

Spliceのプラン
Sounds+ 月100クレジット 月払い9.99ドル(約1,098円) 年払い99.99ドル(約10,998円)
Creator 月200クレジット 月払い19.99ドル(約2,198円) 年払い199.99ドル(約21,998円)
Creator+ 月500クレジット 月払い29.99ドル(約3,298円) 年払い299.99ドル(約32,998円)

おすすめのプランはSounds+というプランで月1000円くらいで済むので安く済みます。

ゆきと

僕はもう登録していてSounds+というプランに入っているよ

Spliceの使い方

まずはアカウント登録を済ませましょう。
アカウント登録は簡単で公式の手順にそっていけば簡単にできます。

アカウント登録が済むとクレジットというものが追加されて
そのクレジットを消費して1クレジットものによっては3クレジットを使って
ダウンロードしていく仕様となっています。

検索方法

検索方法は画像のように欲しい音色の名前などを検索すればOKです。

おすすめする理由

月額約1000円でかなり豊富なプリセットやループ素材などがあります。
サブスクするだけでこれらのサービスがクレジットが許す限りは落とし放題というのは
かなり便利です!

実際世に出ている楽曲にもSpliceが使われている音ネタはたくさんあります。

プロも使っているくらいの高クオリティーなのでDTMerはまず
間違いないなく登録して損はない
でしょう。

ゆきと

実際僕もこのサービスを利用してからマジで音ネタには困らなくなった!もっと早くから知っておけばよかった....。

プラグインやVST音源がレンタルできる

なんとこのサイトあの有名音源であるSerumが別途料金はかかりますが
月額約1000円レンタルできます。

しかも、レンタルだけでなくSpliceのレンタルサービスは定額である
2万円分を払い切ったらそのまま自分のものとしてシリアルコードをもらえちゃう
んです。

こんな人におすすめ!
・まとまったお金がない時にレンタルですぐ使える
・使うかわかんないからお試しで使ってみたい

ゆきと

僕もSerumは使うかわかんなかったからレンタルして使ってみたらお試し版でもちゃんとプリセットとかは使えるから使用感を試せてよかった!こういうのがレンタルして試してみて買うかどうかの基準になるから便利でいいね。

おすすめのプリセットと音ネタ

Spliceを使ってみてこれはよかったなぁと思う音ネタやプリセットを
紹介したいと思います!

Kawaii One Shots by Varien

kawaii future bassなどの楽曲を作る際にとても重宝する音ネタです。
使ってる人も多く有名ですね。

Vocalcium by MYLK

こちらもよく使われている音ネタ素材。聞いたことある人も多いかと思います。

Nova For Serum


Serumのプリセットです。Future bassを作る時なんかに使ったりします。

まとめ

Spliceってどうなんだろ…本当に使えるの?って疑問に思いつつも
登録してみたんですがみんなが良いっていう理由が使ってみてよくわかった。

特に音源がレンタルできるのはかなり助かった!

他にもこういうレンタルサイトが増えてくれればいきなり高額な
金額払うんじゃなくて少しずつならあとでまとめて払うとか
できたら便利なのに
と思った。

ゆきと

基本的に音源は高すぎる...

Spliceを使ったことない方は1000円くらいで済むので
一度使ってみてはどうでしょうか?ではでは!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる