IT業界プログラマで未経験から入ったきつい理由と実態とは?

現代ってよくYoutubeとかでプログラミングすれば儲かるだの
Youtuberがこぞって推してたりしますよね。

しかしながら結論から言うとそんな上手い話はなく
実態はかなりきつい
です。

本当に好きで入るならともかくとして
お金目的だけでIT企業に入るのは地獄を見ます。

彼らYoutuberなどはインフルエンサーで成功者だからこそ儲かるとか言えますが
あれはポジショントークにすぎません。

実際に未経験でIT企業に勤めた僕の経験談を話していきます。
それではいってみましょう!

目次

未経験から正社員にはなれるけどブラック企業が多い

まず大前提として未経験から入ろうとするならブラック企業が
ほとんどが現実
です。

確かにIT分野は人手不足ですし入る門が意外と広く
僕みたいな高卒でも未経験から入社することができるくらいなので
正社員にはなりやすいです。

ですがその反面ブラックな部分が多いです。
どの辺がブラックなのか見ていきましょう。

仕事は教えてもらえない

まずプログラミング系はわからないことなどは自分で調べることが前提です。
なので未経験から入ってもほとんどの場合は教えてもらうことは少ないです。

もちろん、企業によっては教えてもらえるような会社もあるかもしれないですが
そもそもプログラミングは自分からどんどんやっていかないと身につかない物なので
教え用がないというのも事実なのでしょう。

その代わりわからないことがあったら聴ける上司がいる場合は
質問攻め
にすべきでしょう。

しかし、職場によっては上司も忙しく聴ける状況にないこともあります。
僕の場合はこれでした。

その場合わからないことがわからないままで終わることも多くあり
参考書だけ渡されて放置されるなんていうのは当たり前にありました。

会社は学校じゃないと言うけれど

僕はIT企業に勤めていた時に会社は学校じゃないと言われたことがあります。
ですが本当にそうでしょうか?

新入社員であれば最初は誰でも仕事ができなくて当然だし仕事を教えるのも
雇った企業の役目ではないのか?
と僕は考えています。

確かに、ある程度自分で勉強する必要はあるのは当たり前ですが
多少なりとも会社のサポートがなければ仕事にはなりません。

しかしながら僕が入社した会社はそこまで甘くはなく大したサポートもありませんでした。

もちろん、会社によっては手厚いサポートをしてくれるところもあるんでしょうけど
未経験から入るとなるとそれなりの努力は必要になってくるんだなと身に染みました。

悪いことばかりではなくメリットもありhtmlとCSSを学べた

実際にIT企業に入ってみて悪いことばかりではありませんでした。

僕が入社したのはこれからWeb業界も開拓していこうという立ち上げ段階の
プロジェクトでフロントエンド側のお仕事を未経験で任されました。

正直全くの初心者に未経験でWeb制作をほぼ一人にコーディング任せるって
頭おかしいんじゃないかと思いましたがやらざる追えない状況だったので
ガムシャラにコーディングをしました。

そこである程度のhtmlとCSSの知識をなんとか取得できたので
無駄ではなかったなーと個人的には思っています。

実際今ではブログ運営などにこの知識を活かせていますので
悪いことだらけではなかったなと感じています。

まとめ

この経験談からわかるように未経験でプログラマを目指すということは
かなり難しいです。

確かに未経験からの門は広いかもしれませんが
メンタルも強くなければやっていけません。

このことから僕は本当にプログラミングが好きで1日中没頭できるくらいじゃないと
IT業界は厳しいな
と感じました。

正社員にはなりやすいとは思うけどやってることは
スポーツ選手や作曲家とか夢追うのと変わらないような気がしましたね。

それでもIT業界に入りたい!と思う方はやってみては
どうでしょうか?ではでは。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる