色々な作曲ジャンルを作る方法について解説

色々なジャンルの曲を作りたいけど作れない
どうやって複数のジャンルを作るんだろう?

ジャンルに縛られない作曲をしたい
どうやって作りたいジャンルの楽曲の特徴を掴むのか解説していきます!

結論から言えば楽曲分析しましょう!
それでは具体的な内容に入っていきますね!

目次

どんな楽器が使われているか知る

自分の作りたいジャンルはどんな楽器で構成されているのか
知る必要があります

例えば:バンド・ロック系ならギタードラムベースという構成のように楽器構成が
ある程度使われる楽器が絞られています。

そこから応用でピアノなども入れたりと必要に応じて楽器を足していけば
自分の作りたいジャンルが作れるようになっていきます。

耳コピをしたり曲を聴き込んでどんな楽器が使われているのか
楽器の種類を把握
しよう

使われているコード進行を知る

自分が作りたいジャンルはどんなコード進行が使われているのか
分析
して曲作りに活かしましょう

コード進行を真似するのは著作権違反になりません。
なので作りたいジャンルの音楽のコード進行からまずは真似して
そこから曲を作ってみましょう。

スケール(音階)なども把握することも重要です

ケルト音楽を作りたい…となった場合どんなスケールが使われているのか
把握
していればその音階を使えばそれだけでそれっぽく聞こえるようになります!

例えばケルト音楽でよく使われるのはドリアンスケール。
ならドリアンスケールを用いて作曲すればいいんだ!

とこの様に楽曲に使われているスケールを把握しておけば
曲作りに役立てます。

コピーなどをしてスケールの分析をして理解する必要があります。

どんなリズムか知る


リズムも音楽において重要な要素です。

自分の作りたい音楽のリズムを分析してどんなリズムが使われているのか
把握
しましょう。

例えば:ロックを作りたいとなった場合よく使われるのは8ビートです。
この様にリズムを把握していれば作りたいジャンルを作れるようになります!

まとめ

以上が色々な楽曲ジャンルを作る方法解説でした!以上のことから、日頃からいかに

コピーして分析するというのが大事かわかりますね。

分析をした上でこの内容を意識しながら自分の作曲に活かしてみましょう!ではでは。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる